トップ 遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて

サイトMAP

スポンサーリンク
遺産相続と相続人と戸籍謄本
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方〜本籍
除籍や原戸籍の見方〜冒頭
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょの相続
ゆうちょの相続手続の流れ
ゆうちょの相続の必要書類
ゆうちょの相続にかかる時間
ゆうちょの相続に必要な戸籍
銀行 や JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券の相続の流れ
株や株式の遺産分割の仕方
株を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き
家の遺産相続手続き
マンションの遺産相続
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続
戸籍謄本の必要な範囲
(被相続人の出生〜死亡)
戸籍謄本の必要な範囲
(相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の戸籍
除籍,戸籍の文字が読めない
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは
相続放棄手続きの期限
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供が相続人
相続割合:両親が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについてのリンク集

戸籍と除籍とは
戸籍とは一体なんでしょう。そう疑問に思う人もいるかと思います。
戸籍というのは、人の人生記録ともいうべきもので、
特定の役所に保存されています。
では、特定の役所というのは、どういうことかと言えば、
本籍を置いている役所という意味です。
戸籍の管理自体は、本籍(戸籍の住所みたいなものです)と、
筆頭者(代表者という意味合いです)によって、整理管理されています。
本籍は、全国どこにでも設定できます。
筆頭者は、昔の古い戸籍(原戸籍や除籍謄本)では、
戸主と言われていました。
その本籍と筆頭者によって、現在は家族単位で戸籍が保存されているのです。
婚姻すれば親元からでることになるので、新しく戸籍を作ることになります。
婚姻後の家族で、新らしい戸籍が作られるということです。
この場合、親元の戸籍からでることを自体を、除籍されると呼びます。
もし、相続に必要な除籍謄本などがよくわからないという相続人の方なら
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
のページの方が、相続手続きの早期解決への道しるべとなるかもしれません。
スポンサーリンク
また、死亡した場合も、戸籍から出ることはないのですが、
同じく除籍されることになります。

もし、親元の戸籍で両親も亡くなっており、
ひとりっこの子が除籍された場合、その戸籍自体が除籍となります。
その除籍を書面によって市役所に出してもらったものが除籍謄本となります。
現在の戸籍を書面によって市役所に出してもらったものは、戸籍謄本です。
除籍謄本と戸籍謄本はそういった違いがあるのです。
他には、原戸籍というものもあります。
正確には、改製原戸籍と呼ばれるものです。
これは、除籍謄本とはまったく異なるものですが、
有る意味同じものである感じはします。
何が違うのかと言えば、原戸籍は役所側、
法の改正によって新たに作られた戸籍の、もともとの戸籍のことです。
つまり、新しく出来た戸籍と違いをはっきりとさせるために、
名称を改製原戸籍としているのです。
ある意味、同じ戸籍ではあるのです。
戸籍については、過去に何度も法改正があり、
それ毎に改製原戸籍ができてきているのです。
だから、大正生まれの人と、昭和の中頃生まれの人では、改製原戸籍の数に違いがでますので、大正や昭和の初め生まれの人は、戸籍の数が自然と多くなるのです。
相続では、これらの戸籍が提出書類です。
被相続人の出生時から死亡時までの一連の除籍謄本や原戸籍の全てと、
戸籍謄本まですべて求められます。

1つでも提出できなければ、相続の手続きを済ますことは出来なくなります。
戸籍は役所にありますが、問題は被相続人の戸籍に数にあります。
住所移動や転勤に伴って、戸籍の本籍もきちんと移してきた人が被相続人であれば、除籍謄本や改製原戸籍がたくさん存在し、すべて取り寄せる必要があります。
ここで取り寄せるというのは、戸籍自体はどこの役所でも取れるものではありません。
本籍を過去に置いてきたそれぞれの役所でしか取れないからです。

たとえば、戸籍の数が10個あれば、8箇所位の役所からの取り寄せになってしまう可能性もあるのです。
ここで、戸籍はいつ頃から作られているのかについてですが、
現在の様な様式では、明治の初めあたりから作られているようです。
役所に保存されている戸籍も、
古い物で明治の初めあたりに作られたものだからです。
その古い戸籍も、つい最近まで保存期限が80年となっていましたので、保存期限を過ぎたため破棄されたものも役所によっても異なりますが随分あるようです。
今は、100年以上に延びたため、その心配も少しは緩和されているようです。
本籍地の役所については、その時の役所と、
現在保管されている役所が異なることもあります。

過去には行政区画の変更もありましたので、以前はA市B区C町だったのが、現在では、A市D区C町といったこともありますので、本籍については、取り寄せ書面を発送する前に、本当にその役所で良いのかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。
戸籍を管轄している役所が違えば、
そこでは結局戸籍を取ることはできないからです。

この本籍の管轄については、除籍謄本も改製原戸籍も、戸籍謄本と同じで共通しています。
スポンサーリンク
 
このページを読んだ人は、次の関連性の高いページも読んでいます。
相続手続きに必要な除籍謄本などの取り寄せに困っていませんか?
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方〜本籍と筆頭者
除籍や原戸籍の見方〜冒頭部分
除籍や原戸籍の保存期間
ゆうちょ銀行の相続に必要な戸籍
株の相続手続きに必要な戸籍
戸籍謄本の必要な範囲 (被相続人の出生〜死亡)
戸籍謄本の必要な範囲 (相続人が第一順位の時)
戸籍の謄本とは
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
兄弟姉妹が相続人の時の戸籍
除籍や戸籍の文字が読めない時
■ 遺産相続と相続人と戸籍サイト メニュー 一覧 ■
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
戸籍と除籍とは
戸籍や除籍を取得できる人
戸籍から除籍される理由
戸籍や除籍の保存期間
戸籍や除籍の見方〜本籍と筆頭者
除籍や原戸籍の見方〜冒頭部分
除籍や原戸籍の保存期間
戸籍の本籍がわからない時
戸籍の本籍地の調べ方
戸籍の筆頭者がわからない時
出生から亡くなるまでの戸籍
遺産相続するには 銀行 編
郵便貯金やゆうちょ銀行預金の遺産の相続手続き 
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続手続きの流れ
ゆうちょ銀行(郵便貯金)の相続の必要書類は?
ゆうちょ銀行の相続にかかる時間
ゆうちょ銀行の相続に必要な戸籍
銀行や信用金庫、JAの相続手続き
銀行口座の凍結とは
銀行預金の遺産相続手続きの流れ
遺産を相続するには 株 編
株や株式、投資信託の相続
株や証券、投資信託の相続の流れ
株や株式、投資信託の遺産分割の仕方
株や投資信託を相続して売却するには?
株の相続手続きに必要な戸籍
相続する株の名義変更の流れ
相続する株や株式の評価は?
遺産相続するには 不動産 編
土地の遺産相続手続き (相続登記)
家の遺産相続手続き (相続登記)
マンションの遺産相続 (相続登記)
相続する不動産の売却は?
遺産を相続するには 車 編
自動車、小型二輪、原付の相続は?
戸籍謄本の必要な範囲 (被相続人の出生〜死亡)
戸籍謄本の必要な範囲 (相続人が第一順位の時)
法定相続人の例 子供
法定相続人の例 両親
法定相続人の例 兄弟姉妹
兄弟姉妹の相続の戸籍範囲
戸籍とは
戸籍の謄本とは
戸籍謄本とは、戸籍抄本とは
戸籍謄本の取り方
戸籍謄本の取り寄せ
戸籍謄本の取り寄せ・郵送請求
戸籍謄本・抄本の取り寄せ
戸籍謄本と除籍謄本の違い
原戸籍と改製原戸籍の違い
兄弟姉妹が相続人の時の戸籍
除籍や戸籍の文字が読めない時
相続の戸籍とは
相続にはどんな戸籍が必要?
相続の戸籍は何通ある?
相続の戸籍の取り方
相続の戸籍を取り寄せるには 
相続関係説明図とは
相続関係説明図の書式、作成の仕方
相続関係説明図の書き方
相続関係説明図の作成方法
遺産分割協議とは
遺産分割協議の方法
遺産分割協議書の書き方
相続人と法定相続人とは
未成年者が相続人の時
法定代理人とは
海外、外国に相続人がいる時
遺産相続が両親、直系尊属の時
遺産相続が兄弟のとき
■ 親が亡くなった時の手続き
通夜、葬式、告別式、納骨の流れ
相続手続きの期限と流れ
遺産相続のトラブルとは
代襲相続とは
相続放棄とは〜家庭裁判所で相続権の放棄
相続放棄手続きの期限、3ヶ月以内
相続放棄の流れと必要書類
相続割合:子供や孫が相続人
相続割合:両親など直系尊属が相続人
相続割合:兄弟姉妹が相続人
遺言書のある相続、開封
遺言書の効力とは〜自筆証書遺言書
遺言書の効力はいつから?
遺言書の検認とは
遺言書の検認は必要?
遺言書の検認の期間
遺言書の検認に必要な戸籍
遺言書の検認時の戸籍の原本還付
遺言書の書き方
遺留分とは
相続税の申告の流れ
相続税のかかる遺産は?
相続税のかからない遺産は?
相続税の基礎控除について
相続税の計算の仕方
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについてのリンク集
サイトMAP
プライバシーポリシー
Copyright (C) 2011
遺産相続の手続きのための法定相続人の調査、それに伴う除籍謄本や原戸籍、戸籍謄本取り寄せについて
ALL Rights Reserved